Uberで収入を得る。

Uberは自動車配車ウェブサイトおよび配車サービスで、既存のタクシーに変わって登録した個人ドライバーが低料金で配車できる、登録ドライバーと利用者双方にとってメリットがあるのが特徴です。恐らくUberのメリットを一番感じるのは海外での利用かもしれません。日本と違い言葉が通じない地域で料金を誤魔化されたりする恐れなく目的地まで移動でき、しかも乗車前から料金がわかっているのも安心です。

日本では現在Uber EATSというフードデリバリーサービストとして始まっています。

1.ドライバーとして登録する

Uberのサイトにアクセスし、デリバリー配達員に申し込みます。現時点(2018/01/12時点)で日本での登録可能なエリアは東京だけのようです。

 

2.必要書類のアップロード

登録したメール宛にUber EATSからメールが届くので運転免許証を用意してアップしましょう。スマホで撮影し、Google Driveに保存しておくと身分証明書が必要になった時いつでも参照できたり、アップができるのでオススメです。

 

3.配達バックの受け取り

あとは配達用のバッグを受け取るだけ。すぐに始められます。

 

UberEATSに配達ドライバーとして登録するメリットは 好きな時に働けることは勿論ですが、都会の景色を楽しみ 原付や自転車で配達できることにあるので、ドライブが好きな 人には楽しみながら稼げられる点でしょうか。 道が不案内でもアプリがサポートするのも安心です。

Uberを使って配達ドライバーとして活躍されている方のBlogを見ると、実際のところどうなのか良くわかるので興味があれば訪問してみては如何でしょうか。

Uber EATSドライバー記

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider