物販で収入を得る方法

安く売って、高く売る。古今東西商売の鉄則です。

昔はインフラが整備されておらず、また治安上から他の地域や外国の商品を売りさばくには多大のリスクとコストがかかりました。このリスクも命に関わるほどなので、当然原産地の商品を市場で売る場合は原価の何十倍、時に何百倍とハイリスク・ハイリターンの商売でした。

モノの流れとしては3つの分類されると思います。

No 仕入先  仕入先EC 販売先 販売先プラットフォーム
1 国内 国内  メルカリ、ヤフオク、楽天
2 海外  タオバオ,海外Amazon, 国内  AmazonJP
3 国内  AmazonJP,日本のECサイト  海外  Amazon,e-bay

1.はもっとも手軽であり、いらないものを出品するのであれば仕入金も必要ありません。ただ競合も多いので利益は多く見込めない傾向にあります。

2.は日本の需要に合わせた商品を海外から仕入れて売る形になります。3.トラブル発生時には基本英語で問い合わせる必要があり、輸送日数や為替にも注意を払わなくてはなりません。

3.海外の需要に合わせて日本の商品を発送します。トラブル時の英語対応や為替は2.と同じですが、輸出入双方のチャネルを築いておけば、日本円が高い時には海外から購入し、円安の時は輸出するなど為替相場を利用することもできるようになります。

 

初めての物販にあたり

物販で稼ぐ方法は複数あるますが、初めての方はいらないものをメルカリで出品するのがお勧めです。スマホ一つで簡単に利用でき、落札手数料はかかりますが、登録料金はかかりません。購入前の希望者とのやり取りや、購入後の梱包、発送、評価入力などがとても分かりやすくなっています。
他のサービスとしてヤフオクはオークション制なので購入希望者の中から一番高い料金が落札されるため、価値がある商品を出品するのに適しています。ただYahoo!オークションは出品にあたり有料会員になる必要があります。

海外取引

現在インフラや物流・ネットの整備により海外に時刻商品を売る、もしくは他国の商品を自国で売ることは驚くほど簡単になっています。現在飽和状態になりつつありますが、それでもあまり知られていない海外の商品を売って利益を得たり、はあまり他の人が販売していない珍しいニッチな商品を海外に売るなどで個人でも市場を開拓することは可能です。

海外と取引すると国民性の違いも出てきます。ほとんどの海外では箱は梱包用なので製品に問題なければあまりクレーム等はありませんし、受け付けてくれるお店もないかと思います。一方日本では箱自体を丁寧に扱い、箱が潰れていたらそれだけで文句がくるケースがあります。とはいえThank youレターなど同封されていれば誰でも嬉しいので、やりながら学んで行けば良いと思います。

Amazonは世界中にサービスを展開しており、商品は独自の商品識別用の10桁の番号コード(ASIN)で登録され、商品在庫などもネットで管理できるのでこれを利用しない手はありません。

1点注文ごとに100円の基本成約料+注文成約時にかかる販売手数料と月額4,900円の大口出品の2つのサービスがあります。

Amazonで小口出品する

Amazon大口出品サービス

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider