海外から商品を仕入れる

今回は物販で収入を得る方法ページに記載したように、海外サイトから実際に商品を購入して見ます。現在大手ECサイトは世界中で展開しているため、どこにいても購入はできるのですが、生産大国である中国に日本は地理的に近いため、日数、送料共に恵まれていると言えます。

どこで購入するかにもよりますが、人気で品揃えも豊富である以下のサイトを個人的に気に入って使っています。

taobao.com‎

Aliexpress

Wish

早速taobaoのサイトに入っています。

中国語ですが、漢字なので日本人にもなんとなく意味が通じます。カテゴリーを電子機器にして商品を見て見ましょう。

桁を1つ間違えているのでは?と思うほど安いです。中国の人件費増などニュースで報じられていますが、まだまだ中国製品は圧倒的に安く販売されています。

こちらは298円のところ79円に値下げされていました。 79円っていくら何でも利益どころじゃない気が。。。と思うのですがこれ実は中国元の表示なので、日本円にすると1,381円ほどです。これでも安いのですけどね。小さいのですがちゃんと日本円表記がされています。

taubaolist

実際に購入すると特に服飾とかは写真と違った、といったこともあるので最初は試しに少額での購入から自分なりのヒット商品を育てるのが無難かと思います。トップページにカテゴリーがアイコン化されているので、自分の興味ある商品、もしくは知識があったり詳しいのから購入するのがオススメです。

taubaotop

次にAliexpressにアクセスします。Aliexpressはアリババが海外の人たちが購入しやすいよう言語や通貨設定、購入先を設定できる安心設計です。またAIを用いたチャットサービスを既に展開しています。(英語版)

こちらも豊富な商品を取り扱っていますが、主に電化製品やスマホ関連で時々利用しています。例えば以下のSony Xperia Z5 E6653ですが、アマゾンでは中古でも28,000円ほどで売られています。ここで購入してアマゾン日本で売れれば輸送料含めても7000円ほどは利益が出るでしょう。工場アンロック状態なので、格安SIMを利用も可能なので需要はあります。

aliexpress

またAliexpressでスマホ製品など購入する理由ですが中古品でも保証が6ヶ月ついており、安心感があります。(お店による)

guranteeカード

最後にWishです。小物類が豊富で、スマホ関連など時々購入しています。Paypalでの支払いも可能となっています。Paypalの最大の特徴はお店にクレジットカード情報を伝えることなくカード決済ができる点にあり、特に海外でカード情報をお店に伝えたくない時に安心して決済することができるサービスです。

面白そうな小物が揃っています。また最近”他のお客さんと一緒に購入”なる共同購入機能が追加されました。同じ商品を(見ず知らずの人と)購入することで、1割ほど割り引いた料金で購入できます。

Wishはとても安いのですが、まず定価の表記が正確ではないケースがほとのです。例えば上記スマートウォッチであれば31,895円から2,238円(共同購入では2,015円)と表記されていますが、もちろん32,000円の商品ではありません。元々の料金も数千円でしょう。また実際にあったことですが、外付けUSBディスクを購入した時、USB3.0を買ったのですが、実際の転送スピードはUSB2.0しか出ていませんでした。これはサポートセンターとなんども連絡(英語)して、実装速度の画面をスマホで撮影し、返金処理に至りましたが、額面通りに受け取らない商品が多い気がします。また梱包もプチプチに包まれて送られてくるので、個人的に利用したいものから始めた方が良いと思います。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider