フリーランスと遠隔勤務者向け ストレスをためない4つのコツ

うつ病を患っている人は現在、世界中で3億人以上いる。また6人に1人は職場で、不安や強迫性障害(OCD)、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病といった一般的な心の病に対処しなければならない。

心の病で苦しんでいる人の一部は、ストレスや燃え尽きを一部緩和する選択肢として、フリーランスや遠隔勤務を検討することが多い。実際、遠隔勤務をすればより良いワークライフバランスを築くことができるし、家族とより多くの時間を過ごせて、大きなオープンオフィス(間仕切りのない開放型オフィス空間)で働くプレッシャーや注意散漫が減る。

しかし、フリーランスにも感情的な代償が伴うし、ストレスや勤務中の燃え尽きも無縁ではない。

エプソンが英国で実施した最近の調査によると、在宅勤務するフリーランスの48%が仕事で「孤独」を感じることが時々あると認めており、46%はフリーランスにより「孤立する」と主張した。フリーランスとして活動している場合、健全な習慣を構築する努力をしなければ心の健康問題が悪化してしまいかねない。ここでは、それを防ぐために役立つ4つの重要なコツを紹介する。

1. 自分とどのように折り合いをつけるかを学ぶ

自営業になれば、世界で最も厳しい人に答えることになる。それは自分自身だ。さらに、この上司である「自分」は常にあなたの背後にとどまることになる。デスクを離れてバーに行き、友人に「嫌な上司」への怒りをぶちまけることはできない。

フリーランスの多くは自分自身にとても批判的になり、完璧ではない仕事やコミットメント不足などつまらないことに常にこだわり、結果として不安でストレスが多い状態に常に置かれることになる。

このシナリオを避けるため、自分の内側の批判者とどう折り合いをつけるかを学ぶこと。毎日より現実的なやることリストを作り、自分が達成したことを毎日褒めて、感謝の気持ちを実践するスキルを改善しよう。認知科学者は、その日に起きた3つの良い瞬間や出来事を挙げる習慣を定期的に実践する人は、心の健康と全体的な幸福度において大きな改善が見られると述べている。これを自分でも試してみよう。

2. 自分の分野以外でつながりを構築する

交流やネットワーキング(人脈作り)は、“孤独なフリーランス症候群”を克服する最善の解決策とされることが多い。カリフォルニア大学ロサンゼルス校ヒスパニック神経精神病学センター・オブ・エクセレンス(COE)のディレクター、シンシア・テレスは「他の人と定期的に接することは、フリーランスにとって非常に重要だ」と述べた。

「フリーランスは、他のフリーランスと交流するべきと一般的にアドバイスされるが、それはやめるべきだ。最も頻繁に会う人が自分と同じ問題を抱え、同じような不安と闘っている場合、仲間の経験によってプレッシャーとストレスが悪化してフィードバックループにはまってしまうことがある」(テレス)

自分の業界やライフスタイルと全く関係がない人とつながりを築くようにしよう。そうすれば、より多様で前向きな影響に心を開くことができ、いつも通りのルーティンにとらわれていると感じることがなくなる。

3. より高価なセルフケアを購入する

精神状態があまり芳しくないとき、自分に“ご褒美”をあげる資格がないと感じてしまう人が多い。たとえ、そうすることでより心地よく健全に感じることができる場合でもだ。しかし、この過ちは避けるべきだ。散歩をする、指導付きの瞑想(めいそう)を自宅で実践する、より多くの水を飲むなど無料でできる気分向上活動は予定に組み込みやすいが、時には勇気を出してより高価なセルフケアアイテムに散財しよう。

より座り心地の良い椅子や、現在のものより良いノートパソコン、今の靴下より温かい靴下など、自分にとってより良いものに投資することはビジネスへの投資になる。毎日より快適に感じることができれば、働いて金を稼ぐモチベーションになるはずだ。

4. 拒絶への対処法を学ぶ

拒絶や批判に対する恐怖心は、フリーランスをためらう理由として一般的なものだ。自営業をするようになると、あらゆるネガティブなコメントが直接寄せられる。デザインや執筆、コーディングへの情熱を向ける先としてフリーランスの仕事やギグ(単発や短期の仕事)を選ぶ人が多いことが理由で、フリーランスは企業の従業員より拒絶や批判を個人攻撃と感じてしまう。

頻繁に拒絶されることで自信ややる気が損なわれ、精神状態が最終的に悪化してしまうこともある。そのため、自分に合った対処の仕組みを見つける必要があるだろう。自己啓発書作家でキャリアコーチのベバリー・フラキシントンは、次のコツを試すことを勧めている。

・物事の見方を変える練習をする──「私には才能はない、誰も私を雇わない」から、より前向きな「フリーランスとして初めての仕事を見つけるのは誰にとっても難しい。私も同じだ」へと考え方をシフトさせよう。

・自信をつける──自分がうまくできたことを毎日箇条書きにして書き出そう。自分が達成したことを定期的に見直し、それを祝福すること。

拒絶にどう対処するかを学ぶことで心の健康が鍛えられる。精神状態が強くなれば、気分が落ち込むようなことがあってもそれに屈しなくなり、自分の仕事における生産性を維持して最新の動きについていくことができる。(Fobes)

自分の分野以外でのつながりを持つことに共感を覚えている方が結構いました。都内では異業種交流会など頻繁に開催されているので、仕事が終わってから参加するのも良さそうです。

また時間が取れるなら里山農家体験などに参加することで、地域の人々とも交流が深まり、また農作業を通して食を作ることなど学べることも多いでしょう。先日帰農した友人の農作業を手伝う機会がありましたが、色々学べることも多かったです。何よりご飯が美味しく食べることができました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider