「不自由な自営業者」たちが追い込まれる貧困の泥沼…これは日本の未来か

ギグエコノミー」というバズワードが流通し始めてからそれなりの時間がたつ。ウーバーのドライバーなど、新しいプラットフォームの出現とともに語られることも多いこの言葉だが、「ギグ」には元々「単発の仕事」や「日雇い」という意味があり、そのカバーしうる範囲はさらに広大である。

例えば、『ギグ・エコノミー』(2017)の著者ダイアン・マルケイ(MBAで「ギグエコノミーの講座」を開講とのこと)はこう記している。

「現代社会の働き方を、終身雇用の正社員から無職までずらりと並べたとしよう。ギグ・エコノミーとは、そのふたつに挟まれたさまざまな労働形態を幅広く含む概念である。コンサルティングや業務請負、パートやアルバイト、派遣労働、フリーランス、自営業、副業のほか(略)オンラインプラットフォームを介したオンデマンド労働などが当てはまる。」

マルケイのこの記述に従えば、「ギグ」とは「終身雇用の正社員」でもなく、「無職」でもないものであり、そこにはパートや派遣労働、アルバイトなど様々な種類の「非正規雇用」、それから「個人事業主」や小規模の「自営業」が含まれることになりそうだ。

つまるところ、「ギグエコノミーの拡大」とは「終身雇用の縮小」の裏返しである。その一つの現れが無期雇用から有期雇用への変化、そしてもう一つの現れが個人事業主や自営業者たちによる業務請負の増加だ。後者はもはや雇用という形態すら取っておらず、労働法による保護や規制の対象からも外れることになる。

ジャーナリストのジェームズ・ブラッドワースによれば、イギリスでは「ゼロ時間契約」と呼ばれる形態の労働者が100万人に迫り、彼が実際に働いた訪問介護のケアウォッチ社との契約書には次の記述があったという――「仕事を提供できない期間が発生した場合においても、ケアウォッチは貴方に仕事および賃金を与える義務を負わない」(『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』より)。

ケン・ローチ監督の最新作『家族を想うとき』(12月13日公開)が描くのはこうした時代を生きるある家族の日常だ。運送会社のドライバーとして働く父リッキー、訪問介護のワーカーとして働く母アビー、それから彼らの二人の子どもたちのことが描かれる。「自由」であるはずのギグワーカーたち、彼らの生活はいつの間にか蟻地獄のような「貧困」の泥沼へと落ち込んでいく。

映画はリッキーと運送会社のマネージャーとの「契約」のシーンから始まる。そこではリッキーが長らく建設業界で働いてきたことが語られる。リッキーは言う。当時の仕事は好きだったが、今は自分が自分自身のボスになったのだと。

ただし、この言葉をそのまま受け取ることはできない。リーマンショック以降の経済停滞の中で、建設関連の仕事は大きく減った。恐らく彼もその中で雇用を失ったのだろう。そしてマネージャーはそのことを見透かしている。だからこそ、リッキーに対して生活保護は受けているのか?と問う。リッキーはぎこちなく笑って否定する。自分にもプライドがあるからと。

契約について、マネージャーは言う。物事をはっきりさせておきたい。もしリッキーがドライバーとして契約を結ぶのであれば、彼は会社のために働く(work for)のではなく、会社と共に働く(work with)ことになるのだと。運送会社はリッキーを雇用するのではなく、一人の自営業者に仕事を依頼するだけなのだと。

そして、単純な確認事項であるかのように、車についての質問を重ねる。配達には自分の車を使うのか? それとも会社から借りるのか? 全ては自分次第だ。

自由なリッキー、しかし車もお金も持っていないリッキーの前には二つの選択肢があり、そして二つの選択肢しかない。大きな借金をしてまで車を新しく所有するか、それとも車を借りて毎日の売上からレンタル代を賄うか。リスクの高い選択肢とリスクの低い選択肢、あなたならどちらを選ぶだろう?

車に「投資」する方を選べば、一時的に借金は膨らみ、月々の支払いはその分きつくなる。しかし、ドライバーとしての売上は丸々入ってくるし、晴れて借金を返しきったあかつきには車が自分の所有物になるのだ。

この「投資」シナリオが成功する条件は、“とにかく毎日働き続けられること”だけである。精神も、身体も、健康を維持し続け、来る日も来る日も働き続けられることだけだ。それができれば、この「賭け」に勝つことができる。

逆に、雇われの身ではないからこそ、働かなければ一円も入らない。そして、一度作ってしまった借金の支払いが止まることはなく、だからこそ、働き続けられるかどうか、だけなのである。賭けられているのは未来の精神と身体だけであり、それらを動かし続けられるかどうかだけなのだ。

リッキーは大きな方のリスクを選ぶだろう。彼は元から抱えてきた借金を返したい。家を手に入れて永遠にも見える借家生活から抜け出したい。毎月、借金と家賃の請求に追われる状況を終わりにしたい。持たざる者から、持てる者へと、変わりたい。だから賭けに出るのだ。

彼がほしいのは家族との安定した生活、穏やかな時間、そして子どもたちに必要な教育を与えるための資金である。そのためならば週6日、14時間の労働だって選んでやる。自営業者であればこそ、労働時間の規制など関係はないのだ。体が動く限りは、時間を金に変えられるのである。

借金を返しきるまで、家族との時間はずっと減ってしまうだろう。妻のアビーも低賃金の訪問介護で毎日早朝から夜遅くまで働いている。子どもたちには「これこれの夕食をレンジで温めて」と留守電を入れる日々。本末転倒かもしれない。けれども、自由のためには仕方がないのだ。自由であるはずの彼らに自由などないのだから。

photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

バックアップがない人々

果たして、リッキーとアビーはこの賭けに勝てるだろうか? 勝つ可能性もあれば、負ける可能性もある。一つめの問題は、負ける可能性が高いということ。二つめの問題は、負けた場合の保障や「バックアップ」が何も無いということだ。このバックアップの無い状態こそ、私は「貧困」の正体だと思う。

貯金もない、車もない。家もなければ、土地もない。収入は途絶えうるが、支出が途絶えることはありえない。絶対にお腹が空くからだ。子どもたちを食べさせなければいけないからだ。バックアップが薄ければ薄いほど、緊急事態は日常のすぐ傍らにある。

バックアップのある豊かな人間、彼らは賭けに出るか出ないか自体を選べる。「働かない」という選択肢すら持っている。しかし、借金しかない貧しい人間にとって賭けに出ないという選択肢などあるのだろうか。生活保護を受けないことが「プライド」だと感じさせる社会の中で、リッキーはいつか自分だけのバックアップを構築することを夢見て今日も働き続ける。

「ギグエコノミー」はリッキーのその弱みを知っているだろう。彼は雇用者であれば受けられたはずの様々な「保障」や「規制」の範疇外へと入っていく。過労死ラインとか、そういうものはないのだ。稼ぎたければいくらでも働けばよいが、その代わり有給休暇などないし、事故にあっても労災はおりない。それが、自由の代償である。得るものもあれば失うものもある。当然のことだろう?

しかし、その「得るもの」としての自由が偽物だとしたら、どうだろうか。「得るもの」の方は幻で、「失うもの」の方だけが現実だとしたら、どうだろうか。もしかしてこれは、一種の詐欺なのではないか?

休むも休まないも自分の自由だ、ただし代わりのドライバーは自分で見つけてから言え。急な休みは重い金銭的ペナルティの対象になる、それでもよければ自由に休めばいい。全ては自分が決めること、条件は自分が同意した契約書に書いてあるはずだ――。

ギグエコノミー時代の自営業者にとって、自由はいつも条件付きだ。だからこそそれは全くもって自由に見えない。そして、最後には必ずこう言われるのだ。わかっていると思うが、お前の代わりなどいくらでもいる。

photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

この世の中にはバックアップのない人々が大量にいる。どんなゲームにも、意識されない「隠れた初期条件」があるのだ。

「ギグエコノミー」を語る言葉には奇妙な二面性がある。一方で、それは一つの避けられない「試練」であるかのように語られる――時代は変わった、好むと好まざるとに関わらず、私たちは新しい状況に適応しなければならない。

他方で、それは一つの「チャンス」であるかのようにも語られる――旧態依然たる仕組みの崩壊によって、自由で新しい稼ぎ方ができるようになった。成功したければ、乗り遅れるな。

果たして私たちはギグエコノミーを試練と見るべきなのか?それともチャンスとして見るべきなのか?

photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

アマゾンなど、書籍の通販サイトで「ギグエコノミー」と検索すると、上位にはマルケイの本を筆頭に、「人生100年時代を幸せに暮らす最強の働き方」とか、「組織に殺されず死ぬまで『時間』も『お金』も自由になるずるい働き方」とか、ハイテンションでポジティブな言葉が並ぶ。

中には連鎖販売取引の形態を取る企業の自社宣伝本に竹中平蔵氏が帯を書いているようなものも出てくる。曰く、「成功者の条件とは時代の流れをつかむことである」、「被雇用者という立場を取らず柔軟な方法で収入を得る働き方は、今後世界的にますます広がっていく」――。

これらの言葉はギグエコノミーをポジティブな「チャンス」として語る。後ろ盾のないリッキーが飛び付き、車に投資するきっかけを与えた言葉と同じ種類のものだ。だが、それらの言葉はギグエコノミーの「試練」としての側面についてあまりに無頓着ではないだろうか。

普段、移民や外国人労働者のテーマについて書いていることもあり、私はリッキーの姿から日本で働く外国人技能実習生の姿を思い浮かべざるを得なかった。彼らの多くも、リッキーと同じように“働く前に”多額の借金を作る。ブローカーが要求する渡航前の費用を支払うためだ。

彼らはブローカーの言葉を信じる。日本で働けばこれくらいの借金などすぐに返せるはずだ。リッキーと同じである。賭けに勝つ条件は、“とにかく毎日働き続けられること”だけだ。それくらいなら、簡単だと思うだろうか?

だが、技能実習の現在のルールの中では、運悪くブラック企業に当たってしまえばおしまいである。転職の自由すら奪われた技能実習生は、借金を返すまでパワハラや違法な低賃金に耐え抜くか、あるいは多額の借金を抱えて逃げ出すしかない。

逃げ出した彼らを「犯罪者」かのように見なす社会、それから貧しいリッキーを怠惰な「ルーザー(敗者)」として見なす社会、それらは本質的に同じものを共有している。つまり、ゲームの結果だけを見て、ゲームそのものに組み込まれたアンフェアさを見ない。

あらゆる自己責任型の規範は、この世の不幸と悲惨をゲームではなくプレイヤーに帰責する。あなたは自由なのだから、あなたの責任なのだ。

周知の通り、ここ日本でも1980年代には2割に満たなかった非正規雇用の割合がすでに4割に迫っている。今年の5月にはトヨタの豊田社長が、もはや企業の側には終身雇用を守っていくインセンティブなどないのだと明言した。

仕事は日増しにバラバラになり、一部の中核社員を除けば、必要なときに必要なだけ、できれば社会保障のコストも支払わず、プロジェクトごとに、作業ごとに、一時間ごとに、柔軟に利用できる労働力が求められる。果たして、この変化で本当に「自由」になったのは一体どちらの側なのか。

photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

民主主義の起源の一つとして語られるフランス革命だが、その後のナポレオン民法典を準備したことによって資本主義や自由主義的な経済秩序にとっても最重要の契機の一つとなっている。そこで記された「契約自由の原則」によって、私人間の「契約」の内容は自由に決められる、そう宣言されたからだ。

しかし、その原則を「働く」という領域でも貫徹すれば、時給1円でも、月に何百時間働いても、本人同士の自由な契約によればOKだということになってしまう。だが、それでは社会が壊れてしまうだろう。だからこそ、その後の労働法の歴史はこの「契約自由の原則」に対する様々な修正の歴史となってきた。

8時間労働、残業規制、団体交渉権などの労働基本権――無数のリッキーたちを守るために、個々のプレイヤーの自己責任で終わらせないために、ゲームのルール自体が書き換えられてきた。雇う側が規制され、雇われる側に権利が与えられてきた。個人のため、そして社会のためにである。

しかし、今「従業員を独立請負人に切り替える流れがあらゆる業種で定着し、さらに加速している」(マルケイ前掲書)。そして、「自由な働き方」というメリットを享受しているはずの自営業者たちが、「契約自由の原則」を盾に様々な権利を喪失し始めている。リッキーの現実は、ここ日本でもそれほど変わらずに存在しているのだ。飲食店の宅配代行サービスとして人気を集めている「ウーバーイーツ」。その配達員らで作る労働組合が、会社から一方的に報酬を引き下げられたなどとして、会社に対して団体交渉を申し入れました。(略)会社側は「配達員は会社が雇用する労働者にはあたらない」として、団体交渉に応じない構えです。配達員がウーバーイーツの「従業員」ではなく、「個人事業主」として契約されているためで、労災保険の適用なども認められていません。(TBS NEWS 12月5日)

歴史が巻き戻されている。持たざる者にとって、賭けられるものは自らの身体と精神しかない。時間しかないのだ。つまり、命しかないのである。『家族を想うとき』のラストシーンを観たあと、その不条理に震えない人はいないだろう。

自由の本当の条件は、一人ひとりがリスクの高い賭けに乗らずとも生きていけるだけの財産を持っていること、少なくともその利用へのアクセスが保障されていることではないか。労働法、福祉国家のあらゆる仕組み、そして企業による安定した雇用形態は、一見市場の自由なあり方に介入し、自由を規制するように見えて、実際には人々にとっての自由の条件となってきた。

今、奇妙なハイテンションと共に葬り去られようとしているのはこうしたバックアップの装置である。私たちは「不自由な自営業者」の時代に片足を突っ込んでいる。それは、バックアップを手放すことこそ自由の条件、そう錯覚を迫るような時代の別の名だ。(gendai)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider