月10万円の副収入も…副業が上手くいっている人の特徴。成功者4人に聞く

副業を実際に行っている人は、具体的にどのような経緯で始めて、どういった成果を出しているのでしょうか。

今回は、筆者に相談が来た中から、副業が上手くいっている方の事例をいくつか紹介します。

Aさんの事例~新規事業のマーケティング支援

【Aさんの概況】
・本業:大手小売勤務 ・年齢:33歳
・副業内容:Web新規事業の立上げ
・副業収入:10万/月 ・稼働:平均25時間/月

Aさんは、数年前までベンチャー企業で新規事業立案とマーケティングを担当していましたが、マーケティングスキルを活かして大手小売企業へ転職しました。

その後、前職のベンチャー企業において新規の人材マッチングサービスが立ち上がりましたが、マーケティングを丸ごと一人に任せられる程の人材が内部にいませんでした。そこで、担当者の育成ができるまでの間、「副業として運営を受託しないか」という依頼が来ました。

今ではサービスのメインユーザー定義とユーザーが欲しい情報の分析、SEO対策と広告設計を担当しながら、当該サービスの担当者はどのような人材を採用するべきか人事へのアドバイス、担当者のタスク管理とKPI設定をし、育成の支援まで担っています。

Aさんは、マーケティングスキルが高かったことに加え、前職のベンチャー企業を退職後も、以前の会社の役員、上司や同僚と良好な関係を維持していたことにより、転職後に10万円の追加月収を得ることに成功しています。

Bさんの事例~リモートでの物流コンサルティング

【Bさんの概況】
・本業:大手機械商社 ・年齢:31歳
・副業内容:企業の物流コンサルティング
・副業収入:8万/月 ・稼働:平均30時間/月

Bさんは大手機械商社に勤めており、社内コンサルの部署に所属しており、様々な社内の改革に取り組んでいました。勉強熱心で、社外の人との意見交換の機会があれば、積極的に参加するタイプです。

そして、大学時代の知人との飲みの席で、先輩から「会社で物流改革を計画している。手伝わないか?」と誘いを受けました。Bさんは調達改革や、製造拠点の効率化などのプロジェクトを経験していましたが、物流改革自体は取り組みの経験がなかったので、自身の見識を広める良い機会と捉え快諾しました。

4人チームのメンバーのうち、Bさんは外部アドバイザーとして、平日夜や週末の時間を使って、集められた資料やデータの分析、改善提案作成などをリモート作業で行いました。

結果として、月8万円の収入を得ることになったBさんですが、「お金は第一の目的ではなかった」と言います。

「社外のメンバーと敢えて働くことで、社内では得られなかった知見や技術が身につく機会になった。また、自分が社外でもやっていけるかどうかを把握することができて良かった。1つの会社にいては、自分が社外で評価される人材か把握することは難しいが、副業を利用すれば、転職ほどのリスクを冒さなくても、それを確認できることが魅力」

そう力強く語ってくれました。

【Cさんの概況】
・本業:中堅IT企業 ・年齢:26歳
・副業内容:ブログ運営
・副業収入:4万/月 ・稼働:平均30時間/月

Cさんは中堅IT企業に勤めており、本職の職場環境には満足していましたが、賃金については不満を持っていました。

そこで、本業の隙間時間を使って副収入を得たいと考えるようになりました。本業とも両立できそうという軽い気持ちで、ブログを開設してアフィリエイト収入を得ることを思いつきました。

Cさんの所属する会社は、本業に影響がない範囲で副業することを容認している環境だったため、副業の事実を会社の同僚や先輩に隠さず、むしろ積極的に意見をもらい、IT業界の最新トレンドや働き方に関するブログを開設しました。

また、ブログの口コミやレビューにも協力してもらい、知名度向上を図り、数か月でアクセス数を急増させることができました。結果、安定的にブログを更新していれば、月に4万円程の副収入を得ることに成功しました。

「当初想定していたよりも、ブログ更新はかなり時間がかかり負担が大きかったけれど、社内で最新トレンドに詳しい奴というイメージを持たれる副次効果は良かった」と、Cさんは語っています。

副収入を得つつ、副業が本業でもプラスになっている一例と言えます。

Dさんの事例~転職アドバイス

【Dさんの概況】
・本業:大手人材紹介会社 ・年齢:29歳
・副業内容:Webサービスを介した転職相談
・副業収入:5万/月 ・稼働:平均15時間/月

まだ20代のDさんは将来的に起業を検討しており、「会社の看板がない状況から自身でお金を稼ぐことができるのか試したい」と考えていました。本業のスキルを応用できる内容で、独立後に活かせる人的ネットワークを作りたいという理由で、まずは転職相談を個人として行うことにしました。

具体的には、転職相談者とアドバイザーをマッチングさせるウェブサービス「スカウター」を活用した、転職希望者への情報提供、キャリアアドバイスです。

最初は経験を活かして仲が良い友人や知人の転職相談に乗り、そこから徐々に紹介や「スカウター」も活用し、直接面識がない人へもサービスを拡大していきました。現在では、毎月平均で約4、5名の相談を受けるようになったと言います。

結果としてDさんは、目標であった自らの力で副収入を得ること、スキルアップ・人脈拡大という将来の起業に向けて大きく前進することができました。

副業が上手くいっている人々に共通する点

今回は、副業のメリットを示す4つの具体的事例を紹介しました。これらの事例の共通点として次の2点が見えてきます。

1.既存の同僚・友人・知人関係を使って仕事獲得に繋がっている。
2.本業で培ったスキルを応用することで自分の領域を拡げてビジネスに繋げている。

いずれの例も身近な日常生活において、意思を持って一歩踏み出すことで副業での仕事獲得に繋げられていることがわかります。

築き上げた人間関係を大切にし、自身のやりたいことを思い描けていれば、副業のチャンスは意外に皆さんの身近なところにもあるかもしれません。(bizSPA!)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider