NEC「働き方見える化サービス」を提供へ

NECは10月31日、働き方の可視化を通じて改革を支援する「働き方見える化サービス」において、新たにテレワーク向けに特化した「働き方見える化サービス Telework」をリリースすると発表した。サービス開始日は12月3日を予定。テレワークで必要な機能を強化したうえ、利用しやすい価格で提供することで円滑なテレワークの運用を支援するという。

新サービスでは、勤務申請や承認、業務報告、PC利用状況による勤務証明など、テレワークの運用に必要な機能を提供。これらの機能によって、利用者と企業(管理者職)側でのテレワーク時の業務の内容、状況の共有を可能とする。

このほか、利用者の業務開始や終了の打刻機能に加え、Skype for Businessのプレゼンス情報、PCの利用情報、顔認証情報といった客観的な勤務情報が取得できるため、企業側はテレワークにおける勤務の申告漏れや長時間勤務など、勤務実態の把握が可能。テレワーク利用時の効率的な時間管理を実現するという。


勤務実績イメージ画面

これまでグラフ表示のみであったPC利用状況のデータは、開始や終了時間、稼働時間合計などをCSV形式で出力も可能。勤怠管理の情報との比較やシステム連携もできるとしている。

価格についても、従来の「働き方見える化サービス Standard」では1IDあたり月500円(税別)であるのに対し、新サービスでは1IDあたり月250円(税別)となっており、スモールスタートから始めて、運用状況を見て利用者数の拡大を検討するという導入方法も可能としている。(cnetJapan)

 

ギグエコノミーが拡大していく中で、リモートワークが増えていきますが、スタッフが仕事をしているか確認するサービスは今後増えていくかもしれません。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider