個の時代を生き抜くには

インターネットにより産業構造は大きく変化した。仮想通貨やVR、ギグエコノミーといった新たな概念が生み出され、インパクトが一般社会に届く頃には、すでに世の中の仕組みは変わっている。

次なる起爆剤はAIだ。単純労働が代替されてしまうことはもとより、日本語という障壁によってある意味守られていた日本経済も、テクノロジーによる同時通訳が社会実装されれば、世界中がコンペティターになる。

世界の境界線があいまいになる中では、もう昇進をかけて同期と争っている場合ではない。会社員であっても、いかに個を確立できるかが重要なキーとなる。

最近『どこでも誰とでも働ける』(ダイヤモンド社)を上梓した尾原和啓氏が、変幻自在にキャリアを変化させていく4名に集っていただき、今を生き抜く方法論についてディスカッションした。自身のブランドを確立するスピーカーの放談から、成功者の共通点やキャリア開発のための意外なヒントが見えてきた。

著者の尾原氏に加えて、4名のゲストスピーカーは次の通り。Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一氏に、一般社団法人at Will Work代表理事の藤本あゆみ氏、声優の中村繪里子氏と、Forbes JAPAN副編集長の谷本有香。

オリジナリティはタグの掛け合わせ

尾原和啓氏(以下、尾原):人に紹介されたりイベントに登壇したりするとき、「元○○の誰々さん」って言われることがありますよね。この「元○○の呪縛」から解き放たれたいと思ったことは? 元グーグルの藤本さんどうですか?

藤本あゆみ氏(以下、藤本):グーグルを退職して間もなく、イベント登壇のお声がかかったことがあって。そのときは「元グーグル」という肩書を封印することを条件にお受けしたんです。やりたいことがあって退職したわけなので、半ば痩せ我慢ではありましたけど、元グーグルのブランドから早く抜け出したかったんです。

谷本有香(以下、谷本):私もお仕事で関わる方から「元キャスター」を強調されることはありますね。色んな経歴がある中で、キャスターを引き合いに出されることが圧倒的に多い。

尾原:相手が自分のことをどう思いたいか、先方の希望が透けて見えますよね。僕は元マッキンゼーとか元楽天とか「元○○」が多すぎるから、その場に応じて使い分けていますけど。

中村繪里子氏(以下、中村):尾原さんは、元○○っていうより「たくさん転職して今はバリに住んでいる愉快な人」って言った方がしっくりくるかも(笑)。私は声優なので、長い間「○○役の中村」と呼ばれ続けていたのですが、「中村繪里子」を覚えてもらうための機会は存分に活用しましたね。最近は、イベントでも役名ではなく名前を呼んでもらえることが多くなりました。

 
(写真左より:中村繪里子氏、伊藤羊一氏、藤本あゆみ氏、谷本有香、尾原和啓氏)

伊藤羊一氏(以下、伊藤):僕は今でこそ、Yahoo!アカデミアの学長という、なんとなくキャラが立った役割をやらせてもらっているけど、「元○○」と言えるほどの軸がないまま40代を迎えたんですよ。それが、東日本大震災をきっかけにアンテナを立て始めた。なので、デビュー間もない新人みたいなものです。で、転職は目的ドリブンというよりは、全て人のご縁でしたね。

尾原:僕も「人ドリブン」であることが多いですね。世の中のビジネス本で「ネットワークを広げろ」ってよく書いてあるけど、勘違いしちゃダメですよ。むやみやたらに知り合いを増やす必要はなくて、”あなたを渇望してくれる一人”を見つければいい。その人のために結果を出していれば、羊一さんのように、また次の”渇望してくれる一人”が現れるんです。

伊藤:渇望される人であるために、いかに実行を続けられるか。本を読んだり、偉い人たちの話を聞いたりしていても、要は同じこと言っているんですねよ。要は「踏み出せ」ってことじゃないですか。

谷本:あとはタグの掛け合わせで、いかに特別になるか。私は新卒で入社した山一證券が経営破綻してこれからどうやって生きていこうかと思ったときに、”金融・経済”にはすでに専門家も多く、食べていけるイメージが湧きませんでした。ただ、証券会社内でキャスター業をやらせて頂いていたのと、当時は経済キャスターなんていなかったから、”経済”×”キャスター”ならいけるんじゃないかと思いましたね。

尾原:年収2000万円の人って0.1%だっていいますけど、一つの分野で上位0.1%を目指すのって相当大変じゃないですか。藤原和博さんがおっしゃってることですが、掛け算の世界では、1%×10%で0.1%の人材になれますからね。何かで1%、別の何かで10%になれればいい。

谷本:まさに、私は経済とキャスターのどちらもプロではなかったけれど、掛け合わせでポジションをとることができたんだと思います。

伊藤:どちらも中途半端になる可能性もあるけど、それを回避するためには?

谷本:フリーランスだと明日のご飯にありつけるか分からないので、絶対にいつも200%の力を出そうと決めていて。仕事の内容が満点じゃかったとしても、企画提案や人柄のような別のところでカバーして総合的に200%になるようにしています。すると、必ずリピートされるんです。

藤本:人柄でカバー、なるほど。掛け合わせた先にニーズがあるのか、みたいなのは考えていましたか?

谷本:手札で勝負するしかないので、そこはあまり考えていなかったです。ただ、戦略的に競合となりうる記者の方との違いを出していったのはあるかも。男性の記者さんが多かったので、女性の視点で質問したり、あえてインタビュイーの言っていることを否定して、ヒール役を演じたりしたんです。2ちゃんねるにも書かれたりしたなぁ。

売名しないのは、プロじゃない

尾原:そういう尖ったやり方ってキングコングの西野さんとも少し似てますよね。西野さんって舞台ではキレッキレですけど、リアルでお会いするとめちゃくちゃ真面目で丁寧な方なので。

伊藤:発信を頑張っていると、売名行為だとか承認欲求が強いとか色々アドバイスをいただきますけど、それでいいよなと。売名しない方がプロフェッショナルじゃないと思うんですよね。自分のための売名はしないけど、目的を達成するために必要なら、むしろやらねばならない。僕は、自分の発言や思いを、可能な限り世界の遠くに届けたいんですよね。そのためにしっかりプロモーションしようと。これはプロダクトやサービスをプロモーションするのと全く同じです。

尾原:僕は相当エゴサーチしてますよ。ツイッターもフォロワー増えると嬉しいし。自分が商品なんだから、当然ですよね。誰かから仕事をもらえないと生きていけないんだから、売名くらいしますよ。

中村:自己承認できている状態って、ある意味麻薬的なんですよね。だから、明日のお米が買えなくなる恐怖心よりも、自分自身を褒めてあげられる瞬間が無くなることの方が、自分が消えていく感覚があって。私はそれを失いたくないというしがみつきもあるかも。

藤本:評価は他人からしかもらえない。だから、いかにファンを増やすか、理解してくれる人を増やすか。そのためには発信するしかないですよね。発信を続けていると、人は化けの皮が剝がれる瞬間があるので、利己的か利他的かというところで明暗が分かれますよね。

谷本:私も多くのフリーランスや経営者と出会ってきた中で、成功する人とそうでない人の違いが明確に分かるようになって。やっぱり「利他」は大事な要素ですね。

尾原:利他的であることは、結果的に自分を救うと思います。「情けは人の為ならず」と相性がいいのがインターネット。自分がやっていることを誰かが見てくれている時代なんです。発信をしているとアンチが出現することもあるけど、あちこちから集まった信頼が防衛線になって、自分を引きずり降ろそうとする人たちから守ってくれるはずです。だから自己一致して発信して仲間が集ってくることが大事ですね。(Fobes)

 

 

個人で新たに稼ごうとした場合、大きく分けて3つに分類されると思います。

1.ブログやアフェリエイトなど投稿することで、そこからの広告費から収入を得る方法。無料で制作でき始めるにあたって特別な知識や経験も必要ありません。

2.1.に近いのですが、より自分のやりたいことを世の中に発信して収入を獲得する方法。ゲーム実況を配信することで収入を得るのはもっともこれに近いかも知れません。

3.技能を生かして収入を得る方法。デザイナーやプログラマー、翻訳経験などスキルに応じて収入を得る方法です。

 

1,2とも競争が激しく簡単に始めらますが、実践している人の実に9割以上の人は満足するほど稼げてはいません。比較的収入が期待できるのは3.の技能がある人たちですが、これも数は多いので稼ぐのは簡単ではありませんが、一方企業と信頼関係を構築できれば継続的に発注してもらえるなど安定性は望めます。

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider