人間ウオーカーがLAで人気 都会の孤独解消にも

【6月4日 AFP】チャック・マッカーシー(Chuck McCarthy)さんは、1時間30ドル(約3200円)で散歩に行ってくれる「ウオーカー」だ。野外で新鮮な空気を吸いながら連れ立って歩き、みっちり運動もさせてくれるが、散歩中に木におしっこをするのは厳禁──。実は、彼が散歩させるのは犬ではなく、人間だ。

「ドッグウオーカー」ならぬ「人間ウオーカー」は、車社会の大都市ロサンゼルス初のビジネスとして、市民の健康意識と社会的包摂、すなわち社会で孤立した人々と共生する取り組みに一石を投じている。

「最初はドッグウオーカーになろうと思ったんだけど、以前に犬を飼っていた田舎とは違って、都市部ではふんを拾わないといけないだろう? 街でパーソナルトレーナーの広告をたくさん目にしているうちに、ある日、彼女に思い付きを話してみたんだ。『人間ウオーカーになろうかな』って」

マッカーシーさんは冗談めかして話すが、考えれば考えるほど、交友関係を提供するビジネスへのニーズを認識するようになったという。

「ザ・ピープル・ウオーカー(The People Walker)」は、マッカーシーさんが2年前に立ち上げた当初は個人事業だった。しかし需要が極めて高く、今や「ウオーカー」は35人にまで増え(取材当時)、ウェブサイトではウオーカーの選択や散歩ルートの指定までできるようになっている。

社会からの孤立は、うつや心臓病、糖尿病やがんなどに関係し、喫煙と同様に寿命を縮めることが複数の研究で報告されている。

先日、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)に掲載されたニューヨーク大学(New York University)の社会学部教授エリック・クリネンバーグ(Eric Klinenberg)氏のコラムは、世界的に広がる個人主義が人々の孤独感の主な原因だと指摘している。

一方、この問題の原因は、人々が持つ友人の数が昔に比べて減ったことではなく、フリーランス労働者による「ギグ・エコノミー(インターネットを通じて単発の仕事を受発注する働き方や、それによって成り立つ経済形態)」の登場によって、それまでの労働者同士には欠かせなかったやりとりや社会的つながりが失われたことにある、と指摘する専門家もいる。

■教会のざんげやセラピーに似ている

スマートフォンやソーシャルメディアの台頭によって、SNSのフォロワーとの疑似的な人付き合いがリアルな人間関係に取って代わったことも社会的孤立を強めている。

マッカーシーさんの顧客は、「ツイッター(Twitter)やフェイスブック(Facebook)の虚空に向かって叫ぶ」代わりに、よく知らない自分のことを道徳的な観点からああだこうだと批判せず、後でうわさ話を広める心配もない相手と、リアルな人間との交流を楽しめる。

「斬新なアイデアのようだけれど、実のところ、教会でざんげをしたり、バーに行ったり、セラピストと話したり、美容師に髪を切ってもらう行為ととても似ている」とマッカーシーさんは話す。

「まあ、ざんげというよりは会話だけどね。だから、誰にも言えないような個人的な秘密を打ち明けられたりとか、散歩の途中で泣き崩れる人とかはいないよ」

利用者は十人十色。歩く理由もさまざまだ。

普段は劇場のチケット売り場の主任として働いているウィスコンシン出身の20代のアニー・ディー(Anie Dee)さんはAFPの取材に対し、「健康上の問題があって、長距離はなかなか歩けない。誰かに一緒に歩いてもらうことによって、一人で歩くよりもかなり長い距離を歩いて運動できるんです」と語った。

また、このサービスを使って散歩を始めてから気持ちが明るくなり、将来に対しても以前ほど悲観的ではなくなったという。

「長時間、一人っきりでデスクワークをしていると、社交性というものが失われがちですよね。でも、こんなふうに歩いて運動すると、爽やかな気分になってくるんです」(c)AFP/Frankie TAGGART)

 

イギリスでは孤独担当大臣が新設されたことが話題となりましたが、孤独が人間に与える影響が多大なことが科学的に実証されてから各国での取り組みが始まっています。

逆に人が最も幸せなのは人間関係が充実している人だとの調査結果も出ています。この社会実験を行ったハーバード大では出身や家庭環境など様々な背景を持つ人を半世紀以上に渡って追跡調査し、つまるところ幸せとは昔ながらに伝えられてきた人間関係に尽きると、発表しました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider