Amazon本ランキングで急上昇! 新しい働き方「ギグ・エコノミー」

世間で注目を集めている商品が一目でわかるAmazon「人気度ランキング」。さまざまなカテゴリの注目商品がわかる同ランキングだが、商品数の多さゆえに動向を追いかけられていない人も少なくないだろう。そこで本稿では、そんなAmazon「人気度ランキング」の中から注目の1カテゴリを厳選。

ギグ・エコノミー時代を生き抜くためには?

●1位『YOU REVOLUTION ギグ・エコノミー時代のゲームチェンジャー』(『Nu Skin You Revolution』編集チーム・著/幻冬舎・刊/1512円)

“ギグ・エコノミー”という新しい働き方が注目を集めているからか、1位にはその関連書籍がランクイン。ギグ・エコノミーとは、労働者がネットを通じて単発の仕事を受注する動きよって成り立つ経済のこと。オックスフォード大学インターネット研究所が2017年に発表したデータによると、ギグ・エコノミーの世界市場規模は1年で26%拡大しているという。

しかし、ギグ・エコノミーは、オーストラリアの労組連合会が「統制する新たな組織が必要」と訴えたり、ギグ・エコノミーの代表例である配送サービス“ウーバー”の運転手に男女で報酬格差があったりとまだ課題は多い。

同書は、「ギグ・エコノミー時代」の到来を予見していたかのような働き方を提案し続けてきた“ニュー スキン エンタープライズ社”の仕組みを紹介する一冊。大きく変化するライフスタイルに寄り添う、時代を生き抜くヒントが散りばめられている。竹中平蔵が推薦する同書は、発売前にも関わらずランキング1位を獲得。ギグ・エコノミーを知りたい・学びたいという人が増えているようだ。

実用的な本が急上昇をみせた今回のランキング。そのなかにしれっと混ざっている「To LOVEる ダークネス」も見逃せない一冊として注目が集まっている。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider