主婦から社長へ「両方犠牲にしないキャリア」とは

ここ十数年の間に、結婚し、妊娠し、出産しても、女性が自分のキャリアを続けることが当たり前になってきた。女性の管理職も増え、ワーキングマザーの活躍は一見目覚ましい。内閣府男女共同参画局は2020年までに指導的立場の女性を30%にするという「2020年30%」計画を発表した。

しかし、いまだキャリアを追求するワーキングマザーたちは、家庭の中での「犠牲」を強いられている、とは言えないだろうか。また企業側にとっても、ワーキングマザーを活用することが自社に取って「重荷」になってはいないだろうか。

育児と仕事、両方を手に入れたいと思うことは、今や多くの女性たちの願いだ。しかし、そこには少なからざる、「時間的、物理的制限」がつきまとうのも確か。いかにその葛藤を乗り越えていけばいいのか、そして日本企業はこうした働き手としての母親をどう、利益に変えていけばいいのか。

今回、管理職として活躍する女性ロールモデルの一人として、アメリカ、ミネソタ州在住のベッツィー・レザーマン氏、またその上司でありユタ州に本社を持つグローバルコンサルティングカンパニー「The Leadership Circle」(以下、TLC)のCEO、ウィリアム(ビル)・アダムス氏にインタビューを行うことができた。

前半は、2012年よりTLCの経営に関わり、現在はプレジデント兼、ヨーロッパ/アジア・パシフフィック部門の責任者として活躍するベッツィー・レザーマン氏に働く母親の視点での仕事術について聞く。

レザーマン氏は1998年にミネソタ州立大学の心理学部を首席で卒業後、アパレル系のコンサルティング会社に就職。その後、ファッション業界のPR会社を設立しCEOとして活躍。しかし、2009年から2012年の4年間、当時4歳と2歳の2人の息子のために、完全な専業主婦としての時間を過ごした。

有能でキャリア志向の女性が、なぜ専業主婦という道を選んだのか、そのブランクをどう乗り越え、現在のキャリアに就いたのか、そして育児との両立をしながらどのように結果を出し続けているかについて聞いた。

完全テレワークのプレジデント

──あなたは現在、グローバル企業TLCのプレジデントとして世界を股にかけて活躍しています。まずは現在の仕事内容について聞かせてください。

ベッツィー・レザーマン氏(以下、ベッツィー) わが社は世界中にクライアントを持つエグゼクティブ向けのコーチング会社です。私は、ヨーロッパとアジア・パシフィック部門のリーダーとして、各国のクライアントに向けたエグゼクティブ向けコーチングのプログラムを開発し、開催しています。

2週間に一度は出張があり、3~4回に一度は海外出張で数日間家を空けます。先週もギリシャにコーチングワークショップのために出張し、2万9000人の従業員を抱える世界規模の組織のエグゼクティブにリーダーシップのコーチングを行ってきました。ギリシャは初めて訪れましたが、すごくいい手応えを得られましたよ。それ以外の日は、ミネソタ州ミネアポリスにある自宅で仕事をしています。

ワークショップで登壇中のベッツィー氏

——貴社のオフィスは、ユタ州にありますよね。完全なテレワークということですか?

ベッツィー そうです。こういう働き方をしていることは本当に恵まれていると思います。出張以外は、自宅で仕事をしている夫が子どもたちの面倒をしてくれています。時には、夫や子どもを連れて海外出張に行かせてもらうこともあります。社内の理解と家庭内のサポートにも恵まれている。感謝しかありませんね。

——出張以外はどのようなタイムスケジュールで仕事を?

ベッツィー 朝は早くて、4時半に起床し、6時過ぎ位まで1〜2時間仕事をします。海外とのやりとりも多く、本社オフィスがあるユタ州とも1時間の時差があるので、この時間帯が最も効率がいいんです。アジアやヨーロッパのクライアントとスカイプミーティングをしたりフォローアップをしたりします。本社のスタッフが出社する前に、懸案事項へのメール返信などもこの時間に済ませます。

その後は、7時過ぎに夫が作ってくれる朝食を皆で食べ、子どもたちを学校に送って行きます。8時半頃から14時半までまた仕事をし、1時間は子どもたちの宿題や習い事に付き合います。その後もまた少し仕事をすることは多いですが、基本的に16時以降は秘書と共有のクラウドカレンダーでスケジュールをブロックしています。ミーティングや電話は基本的に入れません。

「家庭を顧みない母親」から専業主婦に

——16時に完全に仕事を終えるとは、徹底したタイムスケジュールですね。現職につく前は、専業主婦をしていたということですが、今も家族との時間を非常に大切にしていることがよくわかります。ただ経営陣でありながらそのような働き方ができるというのが、正直驚きです。

ベッツィー 私も最初からできていたわけではありません。以前、自分でマーケティング会社を経営していた頃は、早朝から深夜まで延々と働き、それこそ連日の出張もこなしていました。まさに「家庭を顧みない母親」だったんです(笑)。まだ子どもたちが未就学の幼児だった頃です。

当時私は仕事一筋で、とにかく自分が働いていいお金を稼ぐことが、家族の中での自分の役割で、それが家族を幸せにすると思いこんでいました。でも、実はそうではなかったんです。

——それに気がついたのは何かきっかけがありましたか?

ベッツィー 過労がたたって、健康状態にも支障が出て、状況を変えるには仕事を辞めざるをえなくなったんです。でも同時に、夫や子どもたちが私に求めていたのは、仕事で高収入を得ても疲れ切っている妻や母親でなく、もっと健康で「そこにいる」家族としての私だったと言われ、気がついたのです。新鮮な驚きでした。仕事をがむしゃらにしなくても私は家族といるだけでいいんだって。それからは周囲にこう言ってました。「もう、充分働いたし、二度と仕事はしない。専業主婦になって子育てをする」って。本当に心の底からそう思ってたんです。

——若くして起業されて、社長としてもビジネスで成功されていたのに、完全な専業主婦になったことで、自分の中に葛藤が生まれませんでしたか? 仕事にまた戻りたいという気持ちになったり、社会の中で取り残されているというような気には?

専業主婦の4年間に家族との時間を心底楽しむ機会を得たという

ベッツィー それが、全く! ヨガをしたり、ただ子どもたちのそばに居たりするだけでいいんですから、本当に楽しかった。夫も協力的でしたし。それまでのプレッシャーやストレスから解放されて、心底ほっとしていたんですね。実際、ストレスや睡眠不足を解消して肉体的にも健康を取り戻すまで、1年かかりました。その後は、学校のPTA活動やボランティアに積極的に参加し、病気のクラスメートのために膨大な募金集めに力を入れたり、課外授業を企画したり、そんなことをしていると、社会でもちゃんと自分の居場所はあると思えたんですね。だから、本当に本気で・・・仕事に戻りたくはなかった(笑)。

——専業主婦として子育てをすることを100%楽しまれていたのですね。

ベッツィー ええ。そして、仕事で良い結果を出すことと同じくらい、私にとっては良い母親であるということが大切だと気がついたのです。そのために、私と私の家族にとっては、ということですが、一緒に居る時間を持つことはとても大切なことなのだと気がついたんです。この数年で、母親としての自信がついたのだと思います。これは大きかった。

——しかし4年経ち、結果的にはまた復職をされました。どんな心境の変化があったのですか?

ベッツィー 私自身は満足していたつもりだったのですが、周りからは「あなたは外で働いた方がいいよ」とは言われていました。そして、ある時、今の上司であり当社のCEOのウィリアム(ビル)・アダムスから連絡を受けたんです。彼は私が新卒で入った企業のコンサルティング部門を作った人物で、20年来の仕事仲間でした。新しい会社を始めたから一緒にやらないか、と打診してくれました。最初は断ったのですが、提示されたポジションが、自分のためにあるような完璧なものだったのです。

働き方を180度変えた5つの「条件」

——完璧なポジションとは?

ベッツィー わが社のコーチングのコンテンツには、私の専門である心理学の要素が必要ですし、マーケティング、プロデュース、コンサルティング、それに、マネージングと、これまで自分が関わってきたキャリアが全て集まったような役職のように思えました。

——それで復帰することを決心されたのですね。

ベッツィー いえ、実は何度も「ノー」と言ったんです。また以前と同じようにバーンアウトするのが怖かったですし、戻れば仕事に打ち込みすぎることはわかっていましたから。でもビルは「限界まで働かなくても仕事はできる」と言いました。「大切なのは『境界線』を引くことだ」と。最初は私も意味がわかりませんでした。「とにかく何ができて何ができないか。どうすれば働けるか教えてくれ」と言われて。そこで夫と一緒に、働く条件のリストを作ったんです。

1.ユタ州のオフィスではなくミネソタ州の自宅で仕事をしたい。
2.子どもたちが帰宅する午後2時半から3時半までは仕事をしない。
3.必要に応じて出張はするが、調整に対しては私が権限を持ちたい。
4.出張に子ども達を連れて行きたい。
5.家にいる場合午後6時以降は家族の時間なので仕事はできない。

——これだけの条件を受け入れてくれる会社もなかなかないと思います。それだけあなたの能力をアダムス氏が買っていたということでしょうか。

ベッツィー 今思っても無謀なリストで、絶対に受け入れられないだろうと思いました。まず、自宅があるミネアポリスを離れる気が無かったから、難しいだろうと。でも、ビルはもちろん、他の経営陣たちもOKを出したんです。夫と2人で信じられない気持ちでした。

わが社にはもちろん他にも女性社員はいますが、私が入社する前は、ここまでのフレキシビリティはなかったので、ある種の機会を開くことにはなったのかな、とは思っています。

ただ、もちろん、私はマネジメントの立場なので仕事の種類としてこれが可能ということがあります。同じくマネジメントやコンサルティング部門にいる人は、かなりのフレックス制を許可されていて、基本在宅でテレワークをしているものもいます。ただし、カスタマーサービスとしてユタ州のオフィスに常駐し、お客様対応をしなくてはらないスタッフはやはり一定の時間は拘束されてはいます。ケースバイケースです。

——でもこの条件を出したおかげで、あなた自身の働き方も、社内の働き方も改革された、ということですね。

ベッツィー それは本当にそうです。実際息子たちを連れて出張に行き、ホテルの庭で遊ばせているのを見ながら、重役会議をすることも、もはや普通の光景になりました。ありがたいですね。海外出張などは毎回連れて行けるわけではありませんが。

チームマネジメントをテレワークで行う

——オフィスに常駐せず、働く時間帯も限られる中で、良い仕事をし、成果を出し、それを企業の利益につなげるために、どのようなことをされていますか?

ベッツィー それがまさに一番大切なことです。まずは管理職として、常にチームの関係性をよくするための努力は欠かせません。スカイプミーティングを頻繁に行い、部下とは仕事以外でも密にコンタクトをとって関係を深めています。結局はその方がうまくいくんですね。

クライアントとの関係性ですが、これはコーチングという業種特有の利点があります。つまり、マーケティングなどと違って、設定したゴールに向かうために必要なのは個人の仕事の時間や量ではない、ということです。目指す方向性、結果を出すために必要なのは、クライアントの能力を引き出すことをすればいい。これは部下に対しても同じです。

あとは、それぞれが仕事をすることで成果が出てくれば、それが私自身の成果になり、我が社にとっての利益にもつながります。ビジネススキルを最低限の努力で身につけ、仕事の質を向上させることはできる、と常々クライアントには伝えています。大切なことは時間ではなく、人と仕事に向き合う密度です。

——なるほど。しかしそうは言っても、あなた自身、多くの責任と仕事を任されているのでは? 時間が足りないと感じるとはありませんか?

ベッツィー 気がつけばいくらだって仕事はできてしまうんです。だからこそ意識して境界線を保ちバランスを取ることが大切です。常に計算をして、プライベートと仕事時間のベストバランスを自分に問いかけています。IoTも使い、カレンダーを秘書と共有し、家族の予定を含めて、プライベートで必要な時間は先にブロックしておくんです。そして限られた時間には集中する。イレギュラーも当然ありますが、その時も自分できちんと選択する、という意識は常に持っています。働く人は誰でも、自分で働き方を連続的に選択していく必要があるのです。

個人の仕事量増加よりチームの質を上げる

——プライベートを守りつつ仕事の質を上げるとは。

ベッツィー 仕事の質を上げるというと、個人の仕事量を増やすということと思われがちですが、そうではありません。現在は人々の環境も複雑化しています。変化は常に訪れ、ビジネス状況も不確かです。その中でバランスをとるにはチームワークが肝心なのです。ともに働く人のエネルギーや貢献度を引き上げることで全体的にもっとスピーディに動き、変化に対応することができる。それがクリエイティブなリーダーというものです。そのことを私自身が実践し、世界中のエグゼクティブたちに伝えているのです。

あ、すみません、今夫からチャットが入って、夕飯ができたからすぐ電話を切るように、と言われました。これくらいでいいかしら?(笑)。

——はい、わかりました(笑)。急いでお子さんのところに行ってあげてください。今日はありがとうございました。

ベッツィー 最後に。日本のクライアントや日本オフィスで働く女性たちを多く見てきました。彼女たちは本当に頑張っています。家でのことも仕事も完璧にやろうとしています。でも、家でも同じです。パートナーにもっと頼っていいんです。大切なのは、あなたがどういう人生を送りたいか、どういう仕事をしたいか、どういう母親になりたいかを決める境界線を引くこと。そして、家庭内、外両方のチームのバランスをとることです。

 

次回は、彼女が自信を身につけたタイミングで、共同パートナーとして仕事に誘った、TLCの創設者、ウィリアム(ビル)・アダムス氏に、経営者の観点から、ワーキングマザーを雇用する利点、デメリットについて聞いていく。
※The Leadership Circleは独自の360度フィードバックシステムを使って、リーダーシップを向上させる資格認定プログラムの実施やコンサルティングを行う。アメリカ、ユタ州の州都ソルトレイクシティに起き、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南米、アフリカなどなどにオフィスを持つグローバル企業。日本にもプログラム提供企業として、インターナショナルパートナーオフィスを所有する。株式会社ウエイクアップ:http://www.theleadershipcircle.jp/

Next
»

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider