総収益は1兆円に。ギグワーカーが「オンデマンド」で世界流通する|#2019を読む

プロボノやクラウドワーカーといった新しい働き方が注目され、副業をOKとする企業も増えている。

Forbes Middle East コントリビューイング・ライターであるアラブ首長国連合のグレッグ・ハッカー氏は昨年、個人の技術をオンデマンドで「売買」するためのギグエコノミー・プラットフォームを立ち上げた。

フリーランサーが自分の技術の「単価」を明示してWeb上に公開し、買い手からの連絡を待つことのできるオンライン・マーケットプレイスだ。ハッカー氏に、世界のフリーランサーの現状、そして2019年のフリーランス(ギグ)世界市場について聞いた。 


労働力やスキルは「買う」/「売る」双方向プラットフォームの時代

──アラブの、また世界のオンライン・フリーランサー市場では昨年あたり、何が起きたのでしょう?

現在全世界で33%の働き手がフリーランスとして働いており、2020年までにはその割合は50%になると予測されています。米国だけで2018年のフリーランス人口は5730万人、彼らが稼ぐ総収益は1兆円にものぼります。SME(Subject Matter Expert:社内専門家)の必要性も注目され始めました。

世界では昨年あたりから、性質を問わずさまざまな企業(スタートアップも多国籍企業も)が、技術や労働力を「買う」「売る」マーケットプレイス、オンラインコミュニティを必要とし始めたと思います。また個人もギグエコノミーから恩恵を受けられるようになりました。

たとえば自分のスキルを実世界で流通させたい学生、ライフスタイルに合わせてスキルを生かした復職を考えたい子育て中の女性、はたまた数十年現役で培ったベテランのスキルを生かしたい定年退職後の人材などが、オンラインで職場を得られるようになったんです。

そんなスキルの需給プラットフォームとなるグローバルなギグ・オンライン・マーケットプレイス(以下「オンライン・プラットフォーム」)を使えば、言葉の問題はありますが仕事の機会を世界に求めることが可能。そんな時代になってきたのが去年あたりだと思います。

──アラブ首長国連邦では、 2019年には国主導で「アラブ人プログラマー100万人プロジェクト(One Million Arab Coderss)」といった取り組みも予定されています。その目的は何でしょう?

「アラブ人プログラマー100万人プロジェクト」は、アラブ首長国連邦による「ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム(マクトゥーム氏はアラブ首長国連邦副大統領・兼首相)グローバル・イニシアチブ基金(Mohammed bin Rashid Al Maktoum Global Initiatives:MBRGI)」の下に立ち上げられたプロジェクトです。世界中の若いアラブ人に、将来の礎となるようなツール、技術を備えてもらうのが目的です。

とくにコーディング、プログラミングの技術取得を通して、デジタルエコノミーの発展に貢献できるスキルを身につけてもらうこと、そのことでアラブに新しい雇用機会をもたらすことがゴールです。

──この「アラブ人プログラマー100万人プロジェクト」は成功するでしょうか?

はい、プロジェクトの一貫として、1000人のコーダーたちが「コーダー・チャレンジ(the Coder Challenge)」という大会で競い合います。優勝賞金は100万ドル。

他にも賞金5万ドルの賞が9つあり、さらに学生から投票で選ばれた4位までの指導者はそれぞれ賞金20万ドルをもらえるという報奨つきですから、おそらくかなりの話題を呼ぶでしょうね。

次世代の女性デジタル・ノマドのために、そしてハラスメントのない「職場」として

──2019年、女性のフリーランサーは増えると予測しますか?

世界的に見ると、女性就労者の人口は男性に比べてなんと6億5500万人も少ないのです。そんな中、オンライン・プラットフォームは何よりも女性の就労機会を増やすことに一役買うと思います。

次世代の女性のデジタル・ノマドにとって、オンラインで仕事を見つけることの利点はなんといっても「フレキシビリティ」と「選択」の幅の大きさでしょうね。

──2019年、オンライン・プラットフォームでとくに注目するのはどんな領域ですか?

データによれば、オンラインでとくに需要が大きいのは、グラフィックデザイン、ビデオアニメーション、翻訳サービス、アプリ開発、ゲーム開発などの技術です。

また、ICO(イニシャル・コイン・オファリングー仮想通貨を使った資金調達)やフィンテックやメドテックに関連したプロジェクトは、なんといってもオンライン・プラットフォームと相性がいいと思います。

2019年、アラブでは、これらの技術が現実世界のシナリオに生かされるでしょう。また、自動化とAIによる技術革新がますます進む中、2019年のフリーランスの労働力の需要は地域的にも世界的にも増すと思います。

──2019年、オンライン・プラットフォームを通じて、アラブと日本の間で労働力やスキルの流通がされると思いますか?

グローバル・オンライン・プラットフォームでは、先進国企業が世界のフリーランサーに発注するのがまずは現実的なモデルだと思います。日本の企業にもアラブの人々の技術をぜひ、オンデマンドで使ってほしいですね。オンライン・プラットフォーム上の優秀なスキルを有効利用することで、日本に新たなユニコーン企業が誕生するかもしれませんよ!

そして、真に開放的で双方向性のあるオンライン・プラットフォームが世界を横断して活用されるようになれば、アラブからフリーランスの億万長者が生まれるのも夢ではないと思いますね。

大事なことは、オンラインプラットフォームが、伝統的な職業環境に根強くある「差別」や「偏見」、そして多様なハラスメントから働き手を守る可能性があるということです。これも、実は大きな、そして本質的な利点ではないでしょうか。

オンライン・プラットフォーム「Maharati.com」内、さまざまなスキルとその単価が表示されたページ。マーケティング関連では「指定のフェイスブック投稿に『いいね』5000個つけます(10ドル)」、「登録フォームつきオプトインページ作成で見込み客を誘引し、顧客に育てます(35ドル)」など、提供されるスキルは多様。

──2019年の計画は。

私自身、アラブ首長国連邦から世界へ、技術をオンデマンドで輸出し流通させたいと考えていました。そしてそのためには真に開放的なプラットフォームが不可欠と気づき、2018年2月、オンライン・プラットフォーム「Maharati.com」を公開しました。

多様な年齢層の成人向けオンラインフリーランス・コミュニティとして、また彼らにとっての未来の職場として立ち上げたギグエコノミー・プラットフォームです。すでに日本人の「ギグ」たちも登録していますよ。

今年は言語に日本語も追加したいと思っています。日本の方たちの技術を世界に流通させるプラットフォームとしても使われればうれしいですね。(Fobes)

スキルの売り買いは日本でもココナラなど既にサービスがリリースされて順調です。日本でもIT技術者不足が叫ばれて久しいですが、コーディングやプログラミングと行った分野は世界中で需要があるため、プログラミング技術を高めて、多少の英語でのコミュニケーションが取れれば非常な需要が臨めるかと思います。英語や資格取得に費やす時間より、組み込み系やウェブ系、汎用系と様々な分野はありますがプログラミングを学ぶ方が現在確実で儲かる稼ぎ方に繋がるかと思います。特に日本ではアメリカのようにIT関連の学士号を求める(企業によっては必須)ケースがほとんどなく、誰でも無資格でプログラマーとして仕事ができるのがメリットではないでしょうか。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider