米大学新卒者のキャリア、ギグエコノミーの台頭で大きく変化

現代の職場は、過去200年で最大の変化を遂げている。従来型の9時から5時までの雇用モデルは古いものとなりつつあり、良い生活をするために1つの職場にとどまる必要はないと気づく人がますます増えている。

米非営利組織フリーランサーズ・ユニオンと米クラウドソーシング大手アップワークの調査では、2027年までに米労働者の約50%がフリーランスになると予測されている。この時期に大学を卒業し社会人の仲間入りをする米国の学生にとっては、こうした変化はわくわくするものであると同時に困惑するものかもしれない。

それでは、ギグエコノミー(労働者が単発の仕事を受注することで成り立つ経済)は米国の学生の未来にどのような影響を与えるのだろう? その中には、良いこともあれば、それほど素晴らしくはないこともある。

雇用ではなく仕事を探す

福利厚生が付いた従来型のフルタイムの仕事は現在もはや雇用の主要なモデルではなく、短期や契約の仕事が新たな基準となっている。新卒者は、学校卒業と同時に従来型の仕事が見つからないかもしれないという現実を受け入れる必要がある。多くは自分自身で雇用機会を作り出す必要があるだろう。

しかし、仕事が減っているというわけではなく、逆に機会は豊富にある。しかしそれらは「従来型の仕事」という形式ではなく、ギグ(単発や短期の仕事)として現れるかもしれない。

今後数年間でギグワーカーが自社の労働力の大部分を占めるようになると考えている企業は40%に上る。さらに、企業はスキルが高い労働者に高額の報酬を支払う用意がある。ギグワーカーの40%は既に年収が10万ドル(約1060万円)を超えている。大多数は、企業内で出世の階段を10年間登ることなしに高額な報酬を得るようになった人たちだ。

旅行会社ボイジャーズ・トラベル(Voyagers Travel)のアンドレ・ロブレスは、「ギグエコノミーでのキャリア成長は、従来型の仕事環境よりもはるかに速いペースで進めることができる」と語る。

「また、時間を制御する柔軟性も持て、他の関心も追求することができる。世界を旅し、素晴らしい自然や文化を持つ旅先を楽しみつつ、働き続けてきちんとした収入を得ることができる。そのため新卒は、ギグエコノミーの中でより合理化されたキャリアアップの道をたどる機会が持てる。ただし、そのためには努力を重ね、スキルの改善に継続的に投資しなければならない」(ロブレス)

履歴書よりもポートフォリオ作りに取り組む

親からは、良い履歴書を用意して多くの有名企業でインターンシップをすることが、大学卒業後に良い仕事を見つける鍵だと言われたことだろう。しかしそれは近い将来、もはや通用しなくなるかもしれない。雇用主の大半は、応募プロセスのオンライン化を進めており、特に契約労働者やギグワーカーの採用ではその傾向が高い。そのため、履歴書や職務経歴書の重要性は下がっている。

オンラインの応募プロセスでは、履歴書や職務経歴書が不要なことが多い。その代わりに応募者は、いくつか一般的な個人情報(名前や年齢、居住地や能力など)を提出し、スキル・経験を説明することを求められる。

とはいえ、ギグワーカーを採用する雇用主の中で、職務や責任、達成事項などが箇条書きされた長々しい仕事のリストを見ようとする会社は少ない。雇用主は逆に、あなたを採用したら何が得られるのかを示す職歴の“プレビュー”をすぐに見たいと思っている。こうした理由により、通常の履歴書や職務経歴書よりも、自分の能力を全てアピールできる強固な個人ポートフォリオ作りの方がはるかに重要となる。

米調査会社フォレスターのマシュー・グアリーニ副社長兼研究部長はさらに踏み込み、次のように述べている。「従来型の履歴書・職務経歴書自体がいずれ役に立たなくなるだろう。リンクトインやギグを基盤としたマーケットプレースなどを組み合わせることにより、履歴書や職務経歴書は時代遅れのものとなる。この組み合わせにより、必要な情報はデジタル化されてほぼリアルタイムになり、意思決定が改善する」

学校での起業支援プログラムを活用する

学生を、卒業後に待ち受ける仕事の現実に備えて完璧に訓練できる従来型高等教育機関は少ない。新たな仕事とスキルセットは、教育者がカリキュラムを更新するスピードよりもはるかに高い速度で出現している。

しかし、クリエーティブ系を主とする一部大学は現在、ギグエコノミーに対しより積極的な立場を取っている。米国では2016年以降、16の大学がアート事業インキュベーターを立ち上げ、さらに16の学校が資金調達コンテストやビジネスコーチング、アーティスト・イン・レジデンスのプログラムを開始した。

ミシガン大学とノースカロライナ大学芸術学部は、この分野を率いる存在だ。両校とも現在、イノベーションと起業に関する授業を提供しており、ダンスの指導者が有料で指導のコツやアドバイスを共有するためのウェブサイト構築など、学生の将来の取り組みの助けとなる新たなプロジェクトの立ち上げを支援している。

また、マーケティングやビジネスプランニング、自己プロモーションスキルの改善など、学生の中核的な起業能力の開発も支援している。こうすることで、一部の学生は仕事の機会を自分で構築し、卒業することができる。

大学卒業後に追求する価値のあるキャリアはもはや、企業に勤めることだけではない。ギグワーカーや契約労働者への需要が増える中、早いうちからギグエコノミーに深く関与し従来型の雇用を選んだ仲間よりもはるかに速いペースで成功することで、より良い未来をつかめるかもしれない。(Fobes

来年卒業する大学生の就職活動解禁日は、今年の3月1日でした。しかし、実際にはどんどん前倒しになっています。今の大学生は2年生や3年生でインターンに行って、企業と接触して、内定をもらう流れが当たり前です。本当に入りたい企業ならいいと思いますが、なぜそんなに急ぐのだろうかと思いますね。
 

そもそも卒論も書き始めていない学生に内定を出すことは、悪い言い方をすれば、学業なんかどうでもいいということです。就職活動の期間が長くなることで、学業だけでなく、学生時代ならではの経験や、仲間づくりもできなくなります。いまの大学は、就職のための予備校のようです。

さらに言えば、就職活動に長い時間をかけて入社したのに、3割の人が3年で離職をしている現実があります。結局答えは出なかったということです。逆に言うと、無駄だったということですよ。それならば、学生時代はそんな時間の過ごし方をしないで、一所懸命学業に徹したほうが、将来につながるのではないでしょうか。

7pay問題に潜む病巣――日本のIT業界で是正されない「多重下請け構造」

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider