従業員に遠隔勤務を許すべき4つの理由

遠隔勤務は近年、確かに注目を集めている。企業がコスト削減に関心を向ける一方、若い従業員は個人的な自由を求めるようになり、遠隔勤務は双方にとってますます有益な選択肢になりつつあるようだ。

私はキャリアコーチとして、オフィス勤務では集中できない、仕事が中断される、さらには生産性が下がるなどの多くの話をこれまで耳にしてきた。オンライン給与支払いサービスを提供するシュアペイロール(SurePayroll)の調査によると、最大限の生産性を達成するため1人で働くことを好む人は86%に上った。これは見逃すことができない数字だ。

ここでは、遠隔勤務が雇用主・従業員の双方にとって有益な選択肢となり得る4つの理由を紹介する。

1. 従業員の気が散ることが少なくなる

ほぼ全ての従業員は、会社で時々ネットサーフィンをしたことがあるはずだ。とはいえ生産性を損なうことが多いのはネットサーフィンではなく、集中の邪魔になるものの存在だ。

先述のシュアペイロールの調査によると、調査対象となった2060人の労働者のうち、オフィスでの集中が妨げられる最大の要因はうるさい同僚だと回答した人は61%に上った。また40%は、同僚から緊急会議に呼ばれることが集中の大きな妨げになると答えた。在宅勤務をすれば、こうした生産性低下の要因をなくせるだけでなく、従業員は誰にも邪魔されず業務を完了させる時間を増やすことができる。

2. 従業員のストレスが減る

仕事を完了させる十分な空間を上司が与えてくれたとしても、オフィスに閉じ込められていることはそれ自体がストレスになるかもしれない。ウェブ・電話会議サービスを提供するプレミア・グローバル・サービシズ(PGi)がストレス水準に関して実施した調査によると、在宅勤務を行う従業員の実に82%はストレスが減ったと感じていた。ストレスは仕事だけでなく、生活の質に影響を与えかねない。日中のストレス量を減らすことができれば、従業員や雇用主に良い効果がもたらされるだけでなく、従業員の健康全般が改善する。

3. 企業の経費が減る

企業がコスト削減を目指す中、大規模なオフィスは不要だということが十分明らかになっている。これは全ての職場に当てはまるわけではないが、ほとんどのコミュニケーションが電子メールと電話で行われている場合、大きなオフィスが必要ないことは明白だ。米クレジットカード大手のアメリカン・エキスプレスは、柔軟な働き方を促進する「ブルーワーク(Blue Work)」プログラムを開始し、従業員の生産性を向上させただけでなく、年間不動産コストを1000万~1500万ドル(約11億~16億円)削減することができた。

4. 企業が未来の働き方に適応できる

ミレニアル世代が労働力の仲間入りをするにつれ、企業には若い労働者の関心に合わせる意思が必要不可欠となっている。キャリア情報サイト、アフターカレッジ(AfterCollege)の調査では、候補企業が遠隔勤務を認めている場合、その企業により高い関心を寄せると回答したミレニアル世代の求職者が68%に上った。遠隔勤務のチームを持つことは、数年前は珍しいことに見えたかもしれない。しかし米労働統計局(BLS)による先ごろの調査では、従業員の23%が仕事の一部、あるいは全てを遠隔で行なっていると報告している。この数は、過去数年間で上がり続けている。

職場は絶え間なく変化を続けている。一部の企業は遠隔勤務が非生産的だと考えるかもしれないが、現実としてこれこそが未来の働き方なのだ。本当の問題は、遠隔勤務を行う従業員ではなく、間違った場所に配置されたり、やる気を失ったりしている従業員だ。

正しい仕事に良い従業員を配置した場合、在宅勤務の方がより生産的に働けることがデータからも示されている。技術の進化によって、チームは今までにも増してつながりを維持できる。未来の働き方を疑問視する代わり、遠隔勤務を若くて推進力のある労働力と組み合わせれば、企業とチーム双方の生産性やエンゲージメント、生活の質が向上するだろう。(Forbes)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider