副業で月30万円稼ぐ、29歳エンジニアの働き方。本業と両立するコツは

本業との両立は「報連相の徹底」で解決

本業との両立は「報連相の徹底」で解決

――なるほど。しかし、副業の課題として“本業との両立”が最初に挙げられます

高橋:もしスケジュール通りに進まなかったら、それがわかった時点で本業先にも副業先にも相談すればいいだけだと思うんです。とにかく迅速な「報連相(ほうれんそう)」。これに尽きます。本業先でもそうなんですが、チャットの履歴はほとんど僕なんです。「これ終わりました」、「次はこれに取りかかります」、「今ここまでやってます」というささいなことでも報告しています。

――発言が多くて、何か指摘を受けたことはありますか?

高橋:それがないんですよね。注意されたら頻度を落とそうと思っているのですが、今のところまったく怒られたりはしないです。それよりも、レスが遅かったり、音信不通だったりするほうが問題なんだと思います。社会人の最初の仕事は「レスを早くすること」

――マメに連絡するようになったきっかけはなんですか?

高橋:誰に聞いたか忘れたのですが、「社会人の最初の仕事は、レスを早くすることだ」と教えてもらったことがあります。人事評価制度でも、「レスを早くする」という項目があるくらいなので、大切なことだと思っています。だって、今の時代、みんなスマホはずっと見ているじゃないですか。だから連絡は把握しているけど、スルーしてるという人が多いんじゃないでしょうか。

――あとで返せばいい、でつい忘れてしまうこともありますしね。

高橋:そうだと思います。まあ、そういう人がいるおかげで僕の評価が上がっているのでありがたいんですけど(笑)。

「副業での収入は30万円」と語る、高橋さん貯金残高が増えるごとにスキルアップを実感

――現状、副業の収入はどれくらいですか?

高橋:A社が時給2500円×月40時間で、約10万円。B社は、時給3500円×月60時間で、約21万円です。変動はありますが、毎月30万円前後の収入になっています。

――副業だけで30万円! 稼いだお金は何に使っているんですか?

高橋:FXをしてさらに稼いでいます。ただ、お金が好きというよりは、貯金残高が増えることに楽しみを感じるタイプなんですよね。貯金が増えれば増えるほど、エンジニアとしてのスキルも、FXのスキルも上がっているということだわかるので。

 あとは街を歩いていると、「あの車ほしいな」とか「この高層マンションに住みたいな」とか頭の中で金額をシミュレーションしたりします(笑)。すぐに買うわけではありませんが、貯金が増えると、やりたいことも増えるのでワクワクしますね。

――では、副業を検討しているエンジニアに先輩としてアドバイスをおねがいします!

高橋:一にも二にも、やってみないとわかりません! スキル不足がネックで副業を躊躇してしまう人もいると思いますが、自分のスキルが他社で通用するのかは、本業だけやっていたらわからないじゃないですか。本業先では当たり前にやっていた作業が、副業先で重宝されることも往々にあります。

 僕は、ある副業先の企業と時給交渉する際、いつも受けている単価より1000円高い、3500円で希望を出したらすんなり承諾してもらったことがあります。副業は、自分の価値を客観的に評価してもらえる環境。まずはやってみるのがすごく大事です。

■ ■ ■ ■ ■

【エンジニアにおすすめの副業サービス4選】

「一にも二にも、やってみないとわかりません!」と語っていた、高橋さん。とはいえ、なにか手がかりがないと始めるのも大変でしょう。最後にエンジニアやデザイナー向けの副業マッチングサービスを4つ挙げていただきました。

■ シューマツワーカー……エンジニアをはじめ、IT人材に特化した副業社員を、人材を求めている企業に紹介する副業マッチングサービス

コデアル……副業に特化した求人サイト。即戦力になる優秀なフリーランスエンジニアが9500人登録している

Offers……エンジニア・デザイナー向けの副業サービス。煩雑な履歴書登録をせず、SNSやスキルサービズでログインが可能。気軽に始められる

Workship……エンジニアをはじめ、デザイナー・マーケター・ディレクターなど、デジタル業界に特化したフリーランス向けのスキルシェアサービス


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider