フリーランスの人脈作り 対面式がいまだに重要なわけ

対面での接触が絶対に必要な一部の仕事を除き、フリーランスに特化した人の多くは、ほとんど、あるいは全く誰かと顔を合わせることなく仕事ができる。しかし、潜在顧客と実際に会うことには、否定できない利点がある。以下に、対面での人脈作りをすることのメリットを紹介する。

・自分の声を聞いてもらえる

ソーシャルメディアは素晴らしい存在だが、あなたの発信することが見逃されることは多い。米マーケティングサービス企業のコーズリー(Causely)によると、たとえフェイスブックページを立ち上げてフォロワーを獲得しても、投稿1件が目に入るフォロワーは全体の10%にすぎない。大きな発表やプロモーションに関する投稿が見逃されてしまうことは多いし、相手が投稿や電子メールを見てくれた場合でも即座に反応は得られない。

しかし、誰か直接と会っているときにはそうはならない。会議であろうとも、インタビューであろうとも、その場にいれば自分の発言を相手が聞いていることが分かる。相手の反応を見て、すぐにフォローアップができる。

・信頼が育つ

インターネット上での存在感を築き、専門家やインフルエンサーとしての自己像を構築することは、才能や経験にかかわらずほぼ誰にでもできることだ。そのため、人はネット上で見るものについては慎重に構えることが多い。顧客や協力者となり得る人に自分の見識や専門知識を共有できる段階になる前から、相手に対して自分に時間を割く価値があることを示さなければならない。

しかし、直接会うときはそうではない。ネットワーキング(人脈作り)のイベントや会議に参加するときは、あなたがその場に既に所属し、その意見は聞く価値があることが前提となるからだ。そのため、自分の話は聞く価値があるのだと相手を説得する必要はなく、自分の知識や専門性をすぐに共有することができる。

・姿勢を評価される

対面での関係性が長期的なビジネス関係構築に重要だと考えている人は95%に上るとの調査結果がある。直接会うためには労力が必要であり、対面での人脈作りが重要な理由もここにある。顧客の職場に向かったり、ランチを兼ねて会ったりするには、時間を作り移動手段を整えるなど、さまざまな作業が必要になる。

ライバルの中で、見込み客に会うために街の反対側まで移動した人があなただけだったとすれば、非常に良いスタートが切れる。こうした努力は認められ、相手のあなたに対する認識に良い影響を与える。

・非言語コミュニケーションを活用できる

電子メールやスカイプだけでは見たり体験したりできないものは多い。その場にいれば、身ぶりや声のトーンなどのコミュニケーション要素を活用して、聞き手にできる限り良い印象を与えることができる。

これを事前に練習しておくこともできる。身ぶりや声のトーンの制御を学んでおけば、良い雰囲気を作れるだろう。

さらに、相手の感情を読み取りやすくなる。集中できていない人、アイコンタクトを取っている人、あなたのメッセージに最も関心を向けている人が誰かを知ることができるのだ。練習を重ねれば、相手の反応に即座に対応し、それに合わせてアプローチを変えることができるようになる。

・相手からの認識が高まる

多くの人は、何かを学ぶときに視覚から入る。たとえそうでない人にとっても、顔と名前を一緒に覚えることのメリットはある。直接会ったことがある人は、将来あなたのことを覚えている確率が高くなる。ソーシャルメディアのプロフィールにはあなたの写真が使われているかもしれないし、あなたの顔がウェブサイトに掲載されているかもしれない。しかし、縮小された画像や2次元の画像は直接会うのと同じではない。

相手と実際に会うことで、あなたの顔や個性、声のトーンや動きを覚えておいてもらえる。相手はあなたの表情や特徴を見るため、後日フォローアップをしたときでもあなたのことを覚えておいてもらいやすくなる。

デジタルなつながりを築くことには否定できない便利さがある。フリーランスの大きな魅力の一つに遠隔勤務できることがあるが、可能な場合には直接人脈作りに励む利点も多く存在し、努力をする価値はある。そうすれば相手とより強いつながりを作ることができ、あなたのメッセージをきちんと受け取ってもらえるようになる。(Fobes)

SNS上でも多くの人から対面の重要さについて同意の声が上がっていました。会うという行為は、視覚の他にも様々な感覚で情報を取得できること、また働く環境や社風(相手の企業を訪れていれば)など多くの情報を取得できるのも大きいかと思います。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Instagram Slider